スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

ストレス解消の大切さ

犬も人間同様、ストレスを感じ上手く発散できないと、ストレスを溜め込んでしまいます。
ストレス解消は、犬にとって重要な事なのでしょうか?

▼▼人間以上にストレスを溜め込みやすい▼▼
冷静に考えていただければ、分かると思うのです。
犬はいつもリードでつながれ、飼い主の指示に従い、散歩も気の向くままとは行かず、行き先を飼い主に決められ、日中は家で一人ぼっち。
屋外でのトイレの習慣をしつけられたワンちゃんは、好きな時にトイレにすら行けません。
外出のお供となると、人間は行き先を知っているでしょうけれど、犬はどこに行くかも分からないで連れて行かれます。
連れて行かれた先が、見知らぬ土地であったり、慣れない人ごみであったり…。
移動手段も、電車やバスなどに、狭いキャリーに入れられて連れて行かれるのです。
時には、人間の都合で慣れないペットホテルに連れて行かれて、宿泊しなければならない事もあります。
ストレスが溜まるような事柄は山のようにあるのに、ストレスを発散できるようなチャンスは、なかなか犬の生活上にはありません。
ワンちゃんは労働をしているわけでもないのに、人間同等、もしくはそれ以上にストレスを感じているのです。

▼▼ストレスはトラブルの原因になります▼▼
吠え癖、噛み癖などの原因の一つに、ストレスが挙げられます。
飼い主がいない間に、家の中を引っ掻き回したり、家具をかじってしまったりする行為も、ストレスが原因である事が多いです。
このような傍からみると「しつけがきちんと出来ていない」という行為は、ストレスを解消させてあげる事で解決するケースが多く、上手にワンちゃんのストレスを解消する必要性を感じます。

▼▼体調を崩してしまう事もあります▼▼
ストレスが原因の抜け毛、いわゆる円形脱毛症なのですが、この症状は犬にもあり、その原因はストレス以外の何者でもありません。
また、ストレスから食欲不振になってしまったり、下痢が続いてしまったりと、体調不良に陥ってしまうワンちゃんもいます。
このような症状がでてしまったら、さすがにかわいそうです。
こうなる前に、上手にストレスを発散する事が求められるのです。




TAKU


スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

動物愛護精神の啓発と高揚及び飼養犬が終生安心して飼い主さんと一緒に暮らせるような動物福祉の推進を通じて、人間と犬が幸せに共存できる社会に寄与することを目的に設立しました。

M・TAKU

Author:M・TAKU
FC2ブログへようこそ!

当団体は宮崎県に本拠地を置き、犬と人とが問題なく共生できるように、様々な事業展開を考えています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

登場しているワンコ達

ランキングに参加しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。