スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

尻尾を噛む

ワンちゃんの不思議な行動の1つに「尻尾を噛む」と言う行為があります。
この行動には原因や理由がありますがそれは1つではありません。
ここでは考えられる主な理由や原因をご説明していきましょう。

▼▼常同行動▼▼
尻尾を追いかけてくるくる回っているような様子でしたらそれは犬の常同行動です。
常同行動とは…
特に意味もなく同じ行動を繰り返して行うことです。
仔犬の場合
よくこの行動をする事もあり特に心配はないケースが大半なのですが
成犬の場合
原因の多くがストレスです。
精神的な部分でダメージがあると、尻尾を追いかけてくるくる回る行動をエンドレスで続け
最終的には尻尾に噛み付いたり、尾っぽの被毛を噛み千切ったりというような自傷行為に発展していきます。
この場合は…
この行為をやめさせるということではなく、根本にあるストレスを解消してあげる事がベストです。

▼▼ノミ・ダニの寄生▼▼
ノミ・ダニ予防をきちんとされているでしょうか?
もし、万全ではない場合はノミやダニが寄生している可能性があります。
ノミやダニが寄生すると多くのワンちゃんが尻尾を噛む行為をします。
獣医師の診察を受けてきちんとノミ・ダニ予防をしましょう。

▼▼アレルギー▼▼
食べ物などにアレルギーがある場合、尻尾や体を掻き毟ったり噛んだりする事があります。
動物病院でアレルギー検査をして、アレルゲンを特定できればそれを排除する事で尻尾を噛む行為はおさまります。

▼▼肛門嚢炎▼▼
犬には肛門付近に肛門嚢があります。
これはスカンクなどにもある悪臭のある分泌物を溜め込む袋のことです。
肛門嚢に溜め込まれた分泌物が上手く排出できないと肛門嚢炎などの病気を引き起こしてしまいます。
肛門嚢炎になるとお尻周りを気にしたり、肛門周辺の腫れや赤みが出て痛みもあります。
その為、尻尾を噛む事があります。
定期的な肛門絞りをする事で肛門嚢炎は予防できます。






TAKU


スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

動物愛護精神の啓発と高揚及び飼養犬が終生安心して飼い主さんと一緒に暮らせるような動物福祉の推進を通じて、人間と犬が幸せに共存できる社会に寄与することを目的に設立しました。

M・TAKU

Author:M・TAKU
FC2ブログへようこそ!

当団体は宮崎県に本拠地を置き、犬と人とが問題なく共生できるように、様々な事業展開を考えています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

登場しているワンコ達

ランキングに参加しています

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。